MENU
株式会社フォーディー

interview②

フォーディーのスタッフインタビュー

新川さん
■派遣先:株式会社彩園
■業務内容:営業事務(電話・来客応対、データ入力、伝票作成、受発注業務)
■産休育休取得後、同一派遣先に復帰

育休~復帰までの計画などを調整してくれました。

これまでの職務経歴は、接客12年、コール7年、事務5年ほど経験しています。フォーディーに登録して、すぐに今の会社を紹介してもらい、約2年勤務した時点で2人目を妊娠しました。
フォーディーの担当の方に相談したところ、すぐに派遣先の所長さんに報告し、産休取得の相談や育休後の復帰までの計画などを調整してくださり、無事産休取得となりました。
元々出産・育児のこともあって、派遣での勤務を選んだのですが、産休育休が取得出来るとは正直思いませんでしたので、とてもありがたいと感じています。

派遣会社のフォロー体制に安心しました。

産前産後の日数計算や保険の手続き、契約内容の確認などをこまめに対応してくれたので、特に不安も不満もありませんでした。
復帰初日はフォーディーの担当の方が同席してくれて、入社初日みたいでした(笑)

派遣先の社員さんの温かい心遣いに感謝しています。

産休前と業務の変更は特になく、同じ仕事をさせてもらっています。ただし、極力残業が発生しないように、上司の方が調整してくださったり、同部署の方に協力してもらっているので、非常に助かっています。
また、妊娠前は階段の上り下りを伴う業務があったのですが、社員の方が代わりにやってくれたのでとても助かりました。

現在子育て奮闘中!

子供も2人になり、仕事と育児の両立は正直大変です!(笑) でも、職場の皆さんのご理解と、家族の協力のおかげで、どうにかこうにか楽しく(?!)両立しています!

~フォーディー担当営業者よりコメント~

工場長と新川さんは、父と娘のように気心知れた仲の様なイイ雰囲気です。他の事務員さんからも「一生懸命がんばってもらっています」、「事務所内のムードメーカーにもなっています」などのお声もいただき、派遣先との良好な関係が感じられ、私も嬉しいです!
今後も、新川さんの活躍を期待しています!

勤務先の工場長と。

越智さん
■派遣先:沖縄科学技術大学院大学
■業務内容:学校事務
(学生やインターンなどの手配、ワークショップのフライトアレンジ)
■派遣~直接雇用として活躍中

上司との打合せ(実は上司も元フォーディー♪)

丁寧で親身に相談に乗っていただ事が決め手になりました。

海外旅行の途中に沖縄に立ち寄る予定があり、たまたま見た求人サイトでフォーディーが募集している大学院大学の募集を見つけて、興味があったので連絡したのがきっかけでした。

地元に戻る予定だったけど、沖縄に来て間もなく、ためしに登録に立ち寄ったんですが、担当の方と実際お話させて頂き、とても細かく仕事に関する内容や情報などを提供して頂き、親身になって対応してくれました。

派遣登録後、実際に業務を開始するまでが、すごくスムーズでしたので、とても安心してスタートを切れたのを覚えています。

派遣から社員になるまで

実際働いてみて、自分に合う仕事を見つけることができました。

実は、将来やりたいことがあったんですね。

でも、派遣で大学院大学で実際働いてみて、自分に合う仕事を知ることができました。

もっと学びたい気持ちがあり、担当の方に相談したとこ、直ぐに大学院大学に話し合いをしていただき、無事、直接雇用として雇って頂けることになりました。

2017年、派遣時代に取り上げられたアグレのインタビュー記事。

直接雇用になって変わったこと(仕事内容、責任など)

派遣の時から責任感をもってやってきたことが、実を結んだと感じています。

現在、大学院大学でGraduate SchoolのStudent Affairs Sectionに在籍しています。

そこで、学生やインターンなどの手配、国内外の招聘者等の年間500名程度の出張に関わる事務全般を担当しています。

派遣の時と比べると業務量がかなり増えたと思います。ただ仕事の内容は、派遣の時に行っていた事と関連性の高いものだったので、積み上げてきた経験や知識をを活かし、自信もって通常の業務や新しい業務にも携われています。

派遣から直接雇用になったメンバーの数を聞いてビックリ!

私みたいに、派遣から直接雇用に転籍したメンバーが、大学院大学には80名以上いるそうです。
同年代の方はもちろん、憧れていた上席者の方も元フォーディーだと聞いてビックリ!!
目標ができました。

就活中の方へのアドバイス

同じセクションのスタッフ(全員フォーディーの仲間たち)

将来、なりたい自分に向って。

目標に向かって、はっきりとしたVisionをもって業務に取り組めば、目指す道は必ず開けてくると思います。

「やりたいことをやっている」のか。
「やりたいことのために今できることをやっている」のかでは、だいぶ違うと思います。

就活はその第一歩だと思いますので、自分自身、そして目標とすることをもう一度見つめなおして、心に余裕をもって楽しみながら頑張ってください!